ポッコリお腹の脂肪を落とす方法

中高年の外観でおなかがぽっこりしている方も多いと思いますが、若返りとしてぽっこりとしたおなかをへこまし、若い頃のスマートな体型を取り戻し、いかに維持していくかということは重要な課題です。

 

年齢と共に体の新陳代謝量が低くなるために、若い頃と同じ様な食生活をしていますと体はどんどんおなか周りが太ってメタボ化という事になってしまいます。

 

運動によるダイエットではなく、もっと簡単にサプリメントを飲むだけでスリムな体型になりたいということから、お腹のまわりの脂肪をとるサプリメントがメタボ体型が気になる中高年の方に人気となっています。

 

これら各社の名前が違うサプリメントは、実はすべて同じ漢方薬だということはご存知でしょうか。

 

これらのサプリメントは、漢方薬の「防風通聖散」とよばれるものが基本となっています。

 

メタボ対策のサプリメントの正体は、12世紀の古典的な漢方を現代的にアレンジしたものなのです。

 

漢方薬をベースとしたサプリメントは皮下脂肪型の肥満で、便秘ぎみの方に効果があるそうです。

 

この漢方薬が出来ました12世紀には、内臓脂肪という概念はまったくなかったため、効果としての表示は皮下脂肪のみとなっていますが、代謝を上げて内臓脂肪への効果も期待できますサプリメントといえます。

 

若返りのためのメタボリック対策としましては、これらの燃焼系のサプリメントを飲むだけでなく、カロリーコントロールのための食事の管理と有酸素運動が必要です。

 

燃焼系のサプリメントも実は1980年代からすでに販売されていました。

 

これをアンチエイジング、メタボ世代向けとして売り出し、現在のヒットとなっているのです。

 

燃焼系のサプリメントを飲用する時に気をつけなければいけないことは、これらの漢方サプリメントにはダイオウ(大黄)といいます漢方の代表的な下剤が含まれていますので、下痢を起こす可能性があることです。

 

この脂肪を取る漢方サプリメントの次にメタボ対策としてヒットしそうなサプリメントとして、コレステロールの合成、吸収を制御するものがあります。

 

実はこれも数世代前に既に出来ていたサプリメントなのです。

 

以前からありましたサプリメントの効果が見直され、リメイクされて今注目を浴びている現状ですが、サプリメントだけではメタボ対策は十分ではないのです。

 

中高年の方のぽっこりおなかの対策としましては、サプリメントだけに頼るのではなく、朝晩のウォーキングなど有酸素運動などを併用することが大切です。