歯の黄ばみを取るホワイトニング

笑った時などに見える綺麗な歯は魅力的ですし、白い歯によります清潔感も外観のイメージとして大事だと思います。

 

ところが加齢により起こります歯の黄ばみは本人も気になりますし、見た目も実際に悪くなってしまいます。

 

食事の後に歯磨きをしている方でも、歯も年齢と共に残念ながら加齢に伴う歯のくすみや黄ばみが発生してしまうのです。

 

歯の黄ばみやくすみの原因となってしまいます汚れを落とし、あなたの歯が持っています本来の白さやツヤを取り戻すための歯磨き粉を使ってイメージアップしましょう。

 

年齢を重ねると共に、口の中の環境を整える作用をしています唾液の分泌量は減少してしまうのです。

 

加齢により唾液の量が減ってしまいますと口内に歯周病菌などの悪い菌が繁殖するだけでなく、唾液に含まれる成分の濃度が濃くなってしまいますので、歯の表面や歯の表層の硬い部分のエナメル質の内部に汚れが沈着しやすくなってしまうのです。

 

歯の表面に付いてしまった汚れは、あなたの歯の表面をデコボコにしてしまいますので歯のツヤが失われて、くすみの原因ともなってしまうのです。

 

また、歯のエナメル質内部に付いた汚れによって外からの光が透過しやすくなり、歯の内部の黄色っぽい部分である象牙質の色が透けてしまい、歯が黄ばんだように見えてしまう原因となってしまうのです。

歯磨き粉について

歯の黄ばみを取る歯磨き粉には、光沢剤として「フィチン酸」を配合しているものがあります。

 

フィチン酸とはイノシトール6リン酸ともいわれる米ぬかに多く含まれている有機酸で、この有機酸のフィチン酸が歯に沈着した汚れを除去します。

 

フィチン酸を配合した歯磨き粉でブラッシングすることにより、歯の白さやツヤを増す事ができるのです。

 

また、細菌の塊である歯垢に浸透し、分散しやすくしますエリスリトールや殺菌剤トリクロサンを配合している歯磨き粉も効果的だと思います。

 

加齢による歯の黄ばみを取る効果だけではなく、唾液量が少なくなることによります口内のネバつきも少なくしてくれる歯磨き粉はお薦めです。

 

歯磨き粉により口内環境をよくして、歯の黄ばみと共に、口のネバネバ感をなくしましょう。