天然成分のオーガニックシャンプーについて

髪の毛を毎日洗いますと抜け毛が増えないかと心配をしてしまい、髪を毎日洗わない人もいる様ですが、それは髪の毛にとっては逆効果となってしまいます。

 

頭皮は自分では汗などをかいていないつもりでも案外汚れているのです。

 

特に脂性やフケ症の人、汗をかきやすい人はもちろんの事、毎日シャンプーはしたほうが良いのです。

 

ただしやはりシャンプーは石油から出来た製品よりも、天然成分のオーガニックシャンプーをお薦めします。

 

育毛の観点からも頭皮に良い天然成分のオーガニックシャンプーを使いましょう。

正しいシャンプーについて

せかくの頭皮に良いオーガニックシャンプーを使っていても、正しいシャンプーの仕方をしないと、髪の毛を痛めてしまうこともあります。

 

最低限でも以下の事に気をつけシャンプーしましょう。

 

シャンプーの前には、ブラッシングをしましょう

 

髪の毛がもつれたままでシャンプーしますと、シャンプーの時に髪の毛に無理な力がかかり髪を傷めることになってしまいますので、シャンプー前に軽くブラッシングをしましょう。

 

強くブラッシングした方が頭皮を刺激し、 血行を良くすると思っている方がいますが、頭皮を傷つけてしまいますのでやめましょう。

 

髪の毛は濡らしてからシャンプーしましょう

 

シャンプーを髪の毛全体に均等に行きわたらせるため、シャンプーの時には髪の毛全体を十分に濡らすことが大切です。

 

シャンプーは直接頭にかけるのではなく、手に取って少し薄めてから使います。

 

洗い方は爪を立てずに、指の腹で頭皮をマッサージしながら洗います。

 

髪の毛そのものよりも、頭皮を洗う感覚で洗いましょう。

 

シャンプーは2度洗いで、すすぎは十分しましょう

 

軽くすすいだ後、1回目のシャンプーの半分の量でもう一度洗います。

 

シャンプーが残ってしまいますと毛穴がつまる原因となり、頭皮の荒れなどの原因となりますので、しっかりとすすぎを行ってください。

 

頭皮の不健康は脱毛を引き起こす原因となるのです。

 

リンスとトリートメント

 

リンスの効果は、シャンプーでマイナスの電気を帯びた髪の毛の電気を中和させることです。

 

トリートメントは髪の毛の成分に働きかけるものなので、十分に髪の毛に浸透させましょう。

 

リンスやトリートメントのすすぎは、シャンプーよりももっとしっかり行いましょう。

 

タオルドライとドライヤーで髪の毛を乾かす

 

シャンプーの後、髪の毛を濡れたままにしていますと摩擦で髪の毛に負担をかけることがありますので、すぐに乾かすようにしましょう。

 

髪の毛を傷めずに乾かすのには、まずタオルで髪の毛の水気を取ります。

 

この時も強く拭いたり、こすったりすると髪の毛を傷めてしまいますので気をつけましょう。

 

タオルドライで乾かない場合には、ドライヤーで髪の毛を乾かします。

 

ドライヤーは髪の毛から15cm以上離して、一部に集中するのではなく動かしながら髪全体にあてます。

 

ドライヤーの温度が高かったり、髪の毛を乾燥させすぎますと頭皮や髪の毛を傷つけることになりますので注意しましょう。

 

頭皮のマッサージをする

 

シャンプーとは違うのですが、こめかみ、前後、後ろ首筋のマッサージは効果的です。

 

お風呂に入りながらなど、リラックスした状態で3分から5分程度のマッサージをしましょう。

 

ただし、頭頂部分や脱毛部分への強いマッサージは逆効果になることもありますので注意が必要です。

 

毎日のシャンプーを正しい方法で、頭皮のためにいいオーガニックシャンプーにすることで、あなたの頭皮や髪の毛の健康を保つことができます。